転職の基礎知識

転職というのは人生の大きな転機の一つです。その重要な転職活動を成功させるために、まず何から始めたらよいか説明します。

転職の意思が固まったら転職活動の大まかなスケジュールを立てます。最初に転職活動の流れをつかむことで効率的に動くことができます。スケジュールは現在の仕事の引継ぎなども考慮して、余裕を持って立てましょう。転職活動を行うには退職後に始める方法と、在職中に行う方法がありますが、今回は在職中から転職活動を行い、転職先が決定してから退職を行う方法をご紹介します。

転職をする理由をはっきりさせたら、次は業界研究・職種研究を行います。現職と同じ業界・職種を希望していても最新の動向などを改めて知ることは大切です。次に、「キャリアの棚卸し」と言われる自分のスキル・能力の把握を行いましょう。自分の魅力を転職先企業にアピールするためには自分を良く知る必要があります。

業界・職種研究、キャリアの棚卸しなど事前準備が終わったら、いよいよ応募企業を探します。企業の求人情報の探し方にはいくつか種類がありますが、それは後ほど説明いたします。応募する企業を決めたら、次は応募書類の準備をしましょう。必要となる書類は大きく分けて履歴書、職務経歴書があります。どちらも1パターンを複数の企業で使いまわすのではなく、応募先企業に合わせて数パターン作成しましょう。

エントリーを済ませ、書類審査を通過したら次は実際に企業に足を運んでの面接です。また、さらに筆記試験行う企業もあります。そして無事選考を通過し、内定を貰ったら現在の勤め先を退社し、転職先企業に入社、というのが一連の転職活動の流れになります。

転職活動の大まかな流れをつかんだら、次は一つ一つの活動内容を細かく見ていきましょう。

転職活動において、最も大切なことは、「何故転職したいか?」をしっかり自分の中で固めることです。転職をしたいという確固たる意思がないと転職活動はうまく行きません。まずはしっかりと自分が転職したい理由、転職で自分が目指す「未来の自分像」を考えましょう。

何故転職したいか?」をしっかりと考えた上で、今は転職をしないという判断をするのも一つの方法です。転職というのはあなただけでなく、あなたの家族も会社も巻き込んだ大掛かりなプロジェクトになります。いざ、してしまってから後悔しないように良く考えてから転職活動する・しないを決めましょう。

転職活動を行う理由が、「何となく今の会社が合わない気がするから」などあいまいな人は、まずその「何となく」の部分の具体化から始めましょう。紙に書き出して見るのも良い方法です。大きな白い紙を用意して、箇条書きに思いつくままに「今の会社と自分が合わない部分」と「その理由」を書きだしていきます。

そして、次はその合わない部分はどう変わったら自分に合うのかを書き出してみます。書き出したことが現職では努力しても変えられないことなら、それがもう転職のための立派な「理由」になります。

また、転職のための理由をはっきりさせることは、膨大な量の求人情報から自分にマッチした応募企業を探すためにも役立ちます。転職したい理由は、あなたが仕事において、最も大切であると考えていることと言っても良いでしょう。その価値観を大切にし、現職で自分が抱える問題点を改善できる、もっと自分の能力・スキルを生かすことの出来ると思えるような素敵な企業と出会うための道しるべとしてください。

転職活動に掛かる期間は人によって大きく異なります。全ての活動を順調に進めた人なら1月半ほど、長い人で1年以上掛かる人もいます。転職活動期間というのは、100人いれば100通りあります。本当にその人次第なので、きっちりとこれだけの期間が掛かります、と言えないのが現状です。

しかし、参考までに転職経験者のデータを平均してみると、1ヶ月から3~4ヶ月ほどの期間となります。また、これは実際に選考が進み始めてから内定を受け、現職の引継ぎから退社までの期間です。実際には応募先企業の情報を集める、キャリアの棚卸しをする、履歴書・職務経歴書などの書類作成作業が入るためもう少し余裕を持っておくと良いでしょう。

大切なのは、転職活動をスムーズに早く終わらせることではありません。出来るだけ企業や家族に了解を得て迷惑を掛けず、周囲の人にも新しい門出を祝ってもらえるような転職が本当の成功する転職活動と言えるでしょう。

また、入社時期について企業側の認識ですが、一般的に企業は転職希望者の応募から選考開始~入社まで3~4ヶ月くらいの期間で考えています。ですので応募する側もそれを頭に入れておき、その点で企業との認識がずれないように気をつけ、応募者側も選考が始まってから3~4ヶ月後には入社できるように体制を整えておくのがベストです。そのためにも転職活動にスケジューリングはしっかりと余裕を持って行いましょう。

転職活動には二つのパターンがあります。一つは在職中から転職活動を始め、志望企業から内定が出た後に退社をする方法。もう一つは先に退社をしてしまってから、改めて転職活動に専念する方法です。どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあります。

1.在職中から転職活動を始める方法
<メリット>
・収入を途切れさせることなく転職できる
・離職期間からくる仕事に対するブランクがない
・保険・年金・税金の手続きを企業が代行してくれる

<デメリット>
・現職が忙しい場合、転職活動に時間を避けず転職時期が遅れてしまう
・企業側の提案する入社時期が早い場合対応できない
・短い期間で現職の引継ぎ、退社、入社手続きを行うため忙しい


2.退社後に転職活動を始める方法
<メリット>
・転職活動を最優先して行えるため、面接調整などが容易
・転職のためのスキルを身に付ける時間が取れる
・失業手当や早期再就職支援金を受けられる

<デメリット>
・収入が無くなるのでその間の生活費・転職活動費を確保する必要がある
・転職に時間が掛かると当初の条件を妥協しがち
・定時の予定がないので自己管理が出来ないと生活が乱れがち


それぞれの方法にメリット・デメリットがあるので、自分の状況を考慮しどちらを選ぶか慎重に決めましょう。また、20代のうちからの転職活動は収入が途絶えると経済的に厳しくなる恐れもあるので、特別な事情がないのであれば在職中に転職活動を行う方法をお勧めします。

たとえ同じ業界、同じ職種への転職を希望していても、転職活動には業界研究・職種研究が必要不可欠です。これをするしないでは、面接時の企業の志望理由の説得力に大きな差がでるでしょう。ここでは業界・職種の分類と研究の方法についてお教えします。

<業界研究>
業界とは同じ事業を行っている企業を一つのまとまりとして捉えたものです。たとえば、電気通信事業を行っている企業は情報通信・ネットワークサービス業界に属し、飲食店経営企業は食品業界に属しているといった具合です。

各業界の分類については、日本標準産業分類で規定され、 農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業、卸売・小売業 、金融・保険業、不動産業、飲食店・宿泊業、医療・福祉、教育・学習支援業、複合サービス事業、サービス業(他に分類されないもの)、公務(他に分類されないもの)、分類不能の産業の19の業界に分類されています。    

志望している業界が現職と異なるものであれば、まず各業界ごとの「業界研究書」を読み、基本的な知識を得た上で専門書・専門誌を読みその業界に対する知識を深めておきましょう。経験のない業界に飛び込んでゆくのですから、充分に業界研究をしておき、面接時に熱意をアピールしましょう。

<職種研究>
職種というのは職業、または職務の種類のことを指します。職種は大きく分けて、事務、総務、経理・財務、生産管理、企画・マーケティング、広報・宣伝、金融の渉外、カウンセリング販売の8つに分けられます。

例え同じ職種であっても仕事内容がまったく異なっていたり、逆に職種名が異なっていても、業務内容は同じという仕事もあります。企業が募集する職種の本当の仕事内容は実際に職に就いてみなければ分かりません。ですので単なる職種研究に留まらずに、その企業自体の研究も忘れずに行いましょう。

転職活動において、自分の強み・弱みを知ることのできる自己分析は欠かせない作業となります。ここでは今までの経験・経歴・資格・能力からキャリアの棚卸しを行い、履歴書や自己PR、面接などの選考各ステップで、企業に強くアピールできる自分の「強み」を見つけていきましょう。

このキャリア棚卸しを行わないまま、転職活動を進めてゆくと、「どんな企業で働きたいのか分からなくなった」「ステップアップのための転職ではなくとりあえず内定を取ることが目的となってしまった」など、自分の進みたい道が見えなくなってしまいます。成功する転職活動のためには、自分のキャリアの棚卸しをしっかり行い、自己分析してみることが大切です。

キャリアの棚卸しの方法は、自分のキャリアを紙に書き出していくことから始まります。まずは、経験した職種を書き出します。役職なども併せて記入しましょう。次に経験した職務を書きます。実績も併せて書いておきましょう。実績は具体的な数値を用いて書くことがコツです。

それから以上のことについての自己評価を書きます。自己評価は行った職務によって身に付いたスキルや能力を書き出します。それから自己評価を行った項目について、現職でさらに伸ばしていくことが可能かを考えます。それが現職で無理であるならその理由を書き込みます。これがあなたが転職をする理由になります。

紙に書き出す際には「仕事の目的」や「その経験から得られた成果」「身につけたもの」を中心に書くのがポイントです。さらに書き出したスキルや能力がが転職先でどう生かすことが出来るのか、も合わせて書いておくとよいでしょう。

キャリアの棚卸しで大切なのは、企業の目線に立って考えることです。「企業の求める人物像」を把握し、それにあわせた自己分析を行っていきましょう。

スムーズな転職活動を行うためには何よりもまず、自分についてよく知ることが必要です。ここではあなたの自己分析・キャリアの棚卸しのお手伝いをしてくれる、大手転職サイト「マイナビ転職」が提供する適性診断を材料にして、自分のことをもっと知ってみましょう。

<適性診断(マイナビ転職)http://tenshoku.mynavi.jp/aptitude/>
マイナビ転職の適性診断ではあなたの「強み」「弱み」「基礎的能力」を無料で診断することができます。

診断は3種類あり、仕事における行動傾向を測定し、得意・不得意な能力を見るパーソナリティ診断、仕事における自分の価値感を見るバリュー診断、数的処理能力と言語能力から仕事の基礎的能力を見るアビリティ診断があります。どの診断も10分前後でき、当日でなければ何回でも診断できます。

この診断は世界40カ国で年間1000万人以上がうけており、就職活動への高い有効性が認められています。

診断を受けるにあたり、会員登録は特に必要がないので、気軽に自分の適性や能力を知ることができますが、会員登録を行うと、受けた診断の結果を保存することができ、あなたの適性をもとにした求人情報検索が可能となります。また企業からのスカウトメッセージを受け取ることができたり、会員専用のメールマガジンやプロによるWEB履歴書の添削などのサービスを受けることができます。診断結果を有効活用させるためにもマイナビ転職への会員登録をおススメします。

適性診断であなたの能力や適性が分かったら、今度は客観的な自分の市場価値を診断してみましょう。あなたが企業にとってどれくらいの価値を持っているのか、さらにビジネスパーソンの中でのあなたの位置づけが分かります。ここでは人材紹介会社として高い評価を受けている「@type」の市場価値診断テストを紹介します。

<市場価値診断テスト(@type)https://type.jp/valuetest/input.do>
このテストでは無料であなたの市場価値を診断してくれます。かかる時間は10分程度です。

この診断でのデータの正確さには定評があります。市場価値測定研究所のデータから、独自の評価ノウハウをベースにビジネス基礎能力や性格特性を数値化 し、@type 会員約 3万人分の職種・年齢別平均給与データを加味した上であなたの能力に基づいた推定年収を正確に教えてくれます。

「職場を統率するリーダータイプ」、「専門能力を極めるスタッフタイプ」、また「攻め型」、「守り型」など、あなたの潜在的な志向も知ることができるため、あなたの隠れた特性を知るのに適しています。

診断は簡単で、各設問に対し自分に当てはまる回答を 3つの選択肢から選ぶだけです。

この診断を受けることで、自分の市場価値を知ることができ、有利に転職活動を進めることができます。ぜひキャリアの棚卸し、自己分析に一環として、「市場価値診断テスト」を試して見てください。

リクルートエージェントのキャリア査定
http://www.r-agent.co.jp/service/career/

「リクルートエージェント」は大手人材紹介会社のRecruitが運営する転職エージェントです。「リクルートエージェント」は転職業界では最大手で、同社が抱えるクライアントは8300社以上、転職実績は7万名を超えます。「リクルートエージェント」が提供するキャリア査定はあなたのキャリアを無料で査定してくれるサービスです。各業界の動向や年収相場を知ることができます。

リクルートエージェントのキャリア査定はあなたの現在までの経験を元に、「あなたの業界・職種の転職市場動向」、「年収相場」、「おすすめのキャリアプラン」の3つの視点からあなたのキャリアを査定します。コンピュータの自動回答ではなく、リクルートエージェントのキャリアカウンセラーがきちんと査定してくれます。その分時間は掛かってしまいますが、正確な査定結果を見ることができます。必要事項を全て入力すれば10日以内にメールで回答がもらえます。

現在のあなたのキャリアの把握だけでなく、あなたの業界の動向やおすすめのキャリアプランを見ることができるので、このまま派遣で働こうと思っている人も、紹介予定派遣で正社員を目指そうと思っている人にもきっと役に立ちます。特に正社員を目指す人にとって、業界の動向を知るのは大切なことです。その業界の将来性を良く見極めて、正社員を目指しましょう。

パソナキャリア

総合人材サービス大手パソナの人材紹介会社で、パソナの取引先企業12,000社から寄せられた求人件数は約14,000件業界トップクラスを誇ります。求人企業も営業・IT系・機械・医療・金融まで幅広いのが強みです。取引実績を見ると有名な大手企業の名前が並んでいるおり、ネットワークが広いのがわかります。転職エージェント選びで迷ったら、まず実績と求人数の多いパソナキャリアは登録しておきたい。初めて転職エージェントを利用する方にオススメです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約14,000件 非公開 全国 全て
DODA(デューダ)

CMでも有名なDODA(デューダ)は、インテリジェンスが運営する人材紹介サービスです。業界トップクラスの非公開求人数を誇り、全国に拠点を持っているので地方やUターン転職にも強いのが特徴です。女性の転職実績も多く、男性だけでなく女性の転職にも強いのがわかります。人材紹介と幅広い分野で人材サービスを展開するインテリジェンスの幅広いネットワークは、都市部だけではなく地方の転職に欠かせない転職エージェントです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約3,200件 約32,000件 全国 全て
マイコミエージェント Woman Will

マイコミエージェント Woman Willは、人材コンサル企業として実績のあるマイコミグループの女性の転職に特化した転職エージェント女性の各業界専任のキャリアコンサルタントが揃っており、女性に評判がよい。また、マイコミグループで培った大手企業とのパイプが強く、他社にはない多くの大手優良企業や独占求人を持っているのが強み。全国に拠点を持っているので、地方にも強い。女性の転職初心者は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約300件 約1,700件 全国 全て
typeの人材紹介

女性専門の転職サイト「女の転職@type」を運営している人材紹介会社で、それを通じたネットワークが幅広いのが強みになっています。特にIT系や外資系に太いパイプを持ち、他社にはない貴重な求人情報を多数保有しています。コンサルタントのレベル・求人の質ともに高く、利用者から非常に評価の高い人材紹介会社である。首都圏のみなのが弱点だが、逆に首都圏・関東近郊で転職を考えている女性の方には必須の転職エージェントです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約800件 約15,000件 首都圏 IT系、外資系、コンサル業界
JACリクルートメント

JACリクルートメントは海外にも拠点を持ち、外資系転職に強い特徴を持つ人材紹介会社。知名度はあまり高くありませんが、求人数は1万件以上とパソナキャリア、DODA次ぐ規模を誇る転職エージェントです。また、大阪、京都、神戸に拠点があり、関西圏の求人に強い。各業界専門のコンサルタントもおり、サポートもしっかりしている。大手・優良企業の非公開求人は約70%と高く関西や外資系の転職には必ず利用したい転職エージェントです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約12,000件 約10,000件 関東、中部、関西、海外 全て、外資系