履歴書の書き方

履歴書は企業の人事担当者がまず目を通す書類です。ここではその重要な履歴書の書き方を説明します。

履歴書を作成する上で重要なポイントは、丁寧に記入することです。一昔前は手書きが望ましいとされていましたが、近頃は特にこだわりもなくなってきているので、自分の字に自信がない人はパソコンで作成しても良いでしょう。どちらにしても、相手にとって見やすい書類を作成することが大切です。また、履歴書に書いた内容を忘れないためにも、提出前にぜひコピーを取っておきましょう。

<用紙>
・用紙は市販のものを使用しても、自分で作成してもかまいません。
・筆記具は黒か濃青のボールペンか万年筆。
・間違えても修正液は使用不可で、別の用紙に書き直します。
・履歴書はなるべく空欄を作らないようにしましょう。
・日付は記入日ではなく提出日の日付を記入します。
・漢字には振り仮名を添えます。

<学歴・職歴>
・学歴は中学校卒業から、高等学校以上は学部と学科、入学・卒業を明記します。その際は省略記号は使わないようにしましょう。
・国公立か私立かも記入します。
・職歴は全ての入社歴と退社歴を部署までもれなく記入します。
・社会人になってからの受賞経験はぜひ記入しましょう。

<免許・資格>
・所持資格は全て記入します。また、現在勉強中のものも積極的に記入してください。

<志望動機>
・志望動機には具体性と説得力をもたせます。会社の魅力や会社のために自分ができることを書きます。

<趣味・特技>
・ない場合でも空欄のまま提出するのは避けましょう。特別なものでなくてもかまいません。

企業の人事は大量の応募書類に目を通します。そこである程度振り分けられてしまいますので、選考の次のステップに進むためにも、履歴書は非常に重要な書類となります。ここでは人事が思わず会いたくなる履歴書のポイントをお教えします。

・誤字、脱字に気をつけ丁寧に書く
これは当然のことです。手書きならば間違えたからといって修正液を使ってはいけません。

・空欄作らない
空欄が多いようではやる気を疑われてしまいます。趣味欄は書くことが無い場合でも、「散歩」や「ラーメンの食べ歩き」など適当に作った趣味を書くのはやめましょう。プライベートも充実していることをアピールできる趣味が良いでしょう。

・自己PRや志望理由をマニュアル通りに書かない
マニュアル通りでは大量の応募書類を見てきた人事には通用しません。自分の言葉で説得力を持たせます。自分の言葉で書くためには企業研究や自己分析が欠かせません。

・写真の取り方に気をつける
スーツで撮影します。歯が見えるほど笑ってはいけません。お勧めなのはスピード写真より、写真スタジオで撮影してもらうことです。プロのアドバイスを受けながら撮影できるので、表情の確認もでき、人事に良い印象を与えることができます。また、面接官が複数いる場合、履歴書のコピーが使われます。コピーしても写真が潰れてしまわないか、事前に確認しておきましょう。

・筆記具に気をつける
手書きの場合、筆圧が強い人はゲルインクボールペンをおススメします。書き味が滑らかで、耐水性があり、かすれずに綺麗な書類が作成できます。

自己PR文には志望動機や自分の経験やスキルなど、企業への熱意を記入します。特定の形式はなく、自由に作成できるので企業への効率的なアピールを行うことができます。

<用紙>
・履歴書と同様パソコンでも手書きでもどちらでもかまいません。自分の字に自信がない人はパソコンで作成しても良いでしょう。どちらにしても、相手にとって見やすい書類を丁寧に作成することが大切です。用紙のコピーをとっておくことも忘れないようにしましょう。

・用紙のサイズはA4かB5です。1枚にまとめましょう。縦書き、横書きは自由です。

<内容>
自己PR文は結論→エピソード→目標の順番で書きます。書類選考では、いかにビジネススキルがあるかを印象付けるかが重要となります。様々な職務経験よりも、その経験の中でどんな能力を発揮したのか、どんな能力を身につけたのかの方が選考に関っていきます。あなたの過去のエピソードから説得力のある自己PR文を作成しましょう。まず「結論」を書き、それからそれにまつわる「エピソード」を述べ、最後にその結論が生かせる「今後の目標」につなげると、魅力的な自己PR文になります。

<ポイント>
・です・ます調で作成します。
・その企業でやりたいこと、自分が貢献できることを記入します。
・失敗談を書く場合はそこから得られたものが何か、といったことも書きましょう。
・文章は短く簡潔にまとめます。

最近は中途採用でもWEB上から簡単にエントリーできる企業も多くあります。WEBエントリーシートはインターネット上から気軽に送信できてしまいますが、企業にとってはこれも大事な選考の1ステップとなります。気軽に送れるからと気を抜かずに、丁寧に書き込みましょう。

空欄を作らず、自己PRは自分の強みを、志望動機は説得力をもたせてかきます、文字制限があれば必ず守りましょう。一度に複数の企業にエントリーシートを送信できる場合もありますが、同じ内容を使いまわすのはやめましょう。

その都度応募企業に合わせてアピールポイントを変えていきます。フリースペースはだらだらと書かずに、スクロールせずに読める量の文章を適度に改行を入れながら書きます。

また、WEBエントリーシートは手書きのエントリーシートに比べて、メリハリがなく単調な文章になりがちです。タイトルや見出しにカギ括弧を用いたり、使用可能ならば太字を使うなど工夫が必要です。

WEBエントリーシートはボタン一つで送信できてしまうので、入力の途中で誤って送信してしまうという事態のないように注意して入力しましょう。 WEBページの作りやお使いのブラウザの設定によっては、「Enter」キーの二度押しで内容が送信されてしまうこともありますので、その点にも注意が必要です。

WEBエントリーシートも重要性という点では紙の書類とさほど変わりません。次の選考に繋げるためにも、自分の強みをしっかりアピールしましょう。

パソナキャリア

総合人材サービス大手パソナの人材紹介会社で、パソナの取引先企業12,000社から寄せられた求人件数は約14,000件業界トップクラスを誇ります。求人企業も営業・IT系・機械・医療・金融まで幅広いのが強みです。取引実績を見ると有名な大手企業の名前が並んでいるおり、ネットワークが広いのがわかります。転職エージェント選びで迷ったら、まず実績と求人数の多いパソナキャリアは登録しておきたい。初めて転職エージェントを利用する方にオススメです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約14,000件 非公開 全国 全て
DODA(デューダ)

CMでも有名なDODA(デューダ)は、インテリジェンスが運営する人材紹介サービスです。業界トップクラスの非公開求人数を誇り、全国に拠点を持っているので地方やUターン転職にも強いのが特徴です。女性の転職実績も多く、男性だけでなく女性の転職にも強いのがわかります。人材紹介と幅広い分野で人材サービスを展開するインテリジェンスの幅広いネットワークは、都市部だけではなく地方の転職に欠かせない転職エージェントです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約3,200件 約32,000件 全国 全て
マイコミエージェント Woman Will

マイコミエージェント Woman Willは、人材コンサル企業として実績のあるマイコミグループの女性の転職に特化した転職エージェント女性の各業界専任のキャリアコンサルタントが揃っており、女性に評判がよい。また、マイコミグループで培った大手企業とのパイプが強く、他社にはない多くの大手優良企業や独占求人を持っているのが強み。全国に拠点を持っているので、地方にも強い。女性の転職初心者は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約300件 約1,700件 全国 全て
typeの人材紹介

女性専門の転職サイト「女の転職@type」を運営している人材紹介会社で、それを通じたネットワークが幅広いのが強みになっています。特にIT系や外資系に太いパイプを持ち、他社にはない貴重な求人情報を多数保有しています。コンサルタントのレベル・求人の質ともに高く、利用者から非常に評価の高い人材紹介会社である。首都圏のみなのが弱点だが、逆に首都圏・関東近郊で転職を考えている女性の方には必須の転職エージェントです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約800件 約15,000件 首都圏 IT系、外資系、コンサル業界
JACリクルートメント

JACリクルートメントは海外にも拠点を持ち、外資系転職に強い特徴を持つ人材紹介会社。知名度はあまり高くありませんが、求人数は1万件以上とパソナキャリア、DODA次ぐ規模を誇る転職エージェントです。また、大阪、京都、神戸に拠点があり、関西圏の求人に強い。各業界専門のコンサルタントもおり、サポートもしっかりしている。大手・優良企業の非公開求人は約70%と高く関西や外資系の転職には必ず利用したい転職エージェントです。

   
おすすめ度 求人数 非公開求人 対応地域 得意業種
約12,000件 約10,000件 関東、中部、関西、海外 全て、外資系